×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

重度ガミースマイルには骨切り法

ガミースマイルでも、最も重度の方の治療には、「Le FortT型(ルフォーいっけい)骨切り法」または「上顎セットバック」という、上顎骨を短縮、後退させる手術を行います。骨きり法の手術は2〜3時間かかりますが、他のガミースマイル手術と違い全身麻酔が必要になるため、麻酔専門医が管理をしている状況での手術となります。

手術方法は、口腔内から上あご部分の骨を露出させ、上あごの骨を水平になるよう、専用の骨きり機材を使って離断し、その人に応じた適切な幅を切除するという、とても大掛かりな手術です。上下のかみ合わせなど全体的な形状を整えた後、骨を元の位置に戻し、ミニプレートで固定して傷を閉じます。骨きり法でガミースマイル治療を行った後に、血液や浸出液を吸出して体外に排出するための「ドレーン」を口腔内に挿入し、血腫を予防するなどの処置が必要になる場合もあります。また、個々に違いはあると思いますが、治療後1泊の入院をし、内服薬だけでなく注射で痛みを緩和するなどの、術後のケアを翌日まで続けるクリニックもあるようです。

挿入していたドレーンは、術後、翌日に抜去します。ガミースマイルの他の治療方法と比べても、骨きり法は顔の腫れが著しく、数日間は感覚や開口に、違和感や不自由さを感じるでしょう。顔の腫れは1週間程度で改善しますが、顔全体のむくみは2週間以上経たないと改善されません。上唇の感覚は1ヶ月程度と、筋肉切除法と比べると、割と早い段階で戻るようです。ガミースマイルの治療前・治療後の画像や写真がよく掲載されますが、この方法が違いが判り易く掲載され易いですね。 ガミースマイル治療の中でも高額な料金と高い効果を期待できますが、少々怖い気持ちがするのも・・・

一見怖そうな治療ですが、信頼できるクリニックで行えば今後の生活への期待を見事に叶えてくれます。悩む処ですが勇気を持って対応するのも一つの選択です。全国でお屈指のクリニック情報を提供する@美容整形で近くで信頼できるクリニックをチェックしてみましょう。

高価なガミースマイル矯正

審美歯科で行うガミースマイルの矯正治療期間は、約1〜2年で、費用は約100万円程度と高額です。歯を削らずに済むことが多いのですが、治療期間が長く、口元に強い違和感を感じることがあるようです。自分の歯を小さく削って差し歯にする治療や、セラミッククラウンなどの「補綴治療」、歯茎の切除治療をする場合は、歯1本に対して10万円以上の費用がかかります。治療期間は矯正治療に比べて5ヶ月と短いのですが、自分の歯を削るということに、抵抗を持つ人もいるでしょう。

歯茎を自然な状態に調整するガミースマイル修整は、口内を施術するので傷跡が表に出ません。過剰に見えてしまっている歯茎を、調整、縫合する方法なので、施術時間も約30〜40分と、短時間で終わらせることができ、その後の通院は数回でいいようです。口の中を縫合しているので、施術後1週間くらいは口元が腫れますし、歯磨きもできないため、うがい薬を使ってのうがいのみの生活になります。また、2週間程度は、刺激の強い食べ物も控えなくてはいけません。女性の場合は特に口元の腫れを気にしてしまいますので、施術後1週間くらいは、マスクをして生活をするという方が多いようです。

ちなみに芸能人でガミースマイルと言われる久本雅美さんは治療していない様子ですが、ほかの芸能人の方は少し売れ出すと急いで治療に走るそうです、やはり投資の一部なのでしょうね。

ガミースマイル手術の費用と効果

ガミースマイルの治療には、美容外科や形成外科での手術が一番ですが、ガミースマイルの手術費用は、症状や手術方法により、大きく差があります。軽度のガミースマイル治療に行われる粘膜切除法や歯茎部切除法、重度の治療の筋肉切除法、最も症状の重い場合の骨切り法と、ガミースマイルの程度が重度になるほど、手術費用も同じように上がっていきます。ガミースマイルの治療をボトックスで行った場合の費用は10万円程度、軽度のガミースマイル治療の粘膜切除法は40万円前後、骨きり法では100〜150万円の費用が必要になります。

これらの手術については、健康保険が一切適用されていないため、費用が負担になり、手術を受けられずにいる方もいるようです。しかし、何年もの間、人前で笑顔を見せられないなど、ガミースマイルがコンプレックスになっている方にとっては、安く感じる金額とも言えます。今のところ、保険が適用されるガミースマイル治療は、矯正治療だけです。また、同じ矯正歯科でも、「顎口腔機能診断施設」であることや、顎変形症と診断された場合など、保険の適用にも色々な条件があるようです。外傷や口唇口蓋裂の修正と違い、ガミースマイルの治療が健康保険の適用になるかは、そのクリニックによって違ってきますので、診療を受ける前に、費用や保険の適用についても相談することをお勧めします。

手術だけを考えると海外という手もありますね。誰もができる技ではないですが・・・
台湾は女優が手術を行うメッカといわれています。お金に糸目をつけないなら挑戦する価値があるかもしれませんね。逆に価格破壊の進む日本では、大阪で、ボトックス注入が一回40000〜42000円となっているようですね。

軽度のガミースマイル治療

軽度のガミースマイル治療におこなわれる粘膜切除法や歯茎部切除法、重度の治療(医師とよく話し合うことが後悔しないためには大切です)の筋肉切除法、最も症状の重い場合の骨切り法と、ガミースマイルの程度が重度になるほど、手術費用も同じように上がっていきます。ガミースマイルの治療をボトックスで行った場合の費用は10万円程度、軽度のガミースマイル治療の粘膜切除法は40万円前後、骨きり法では100〜150万円の費用が必要になるのです。

ガミースマイルの治療(医学の発達と共に進化していくことが多いです)には、美容外科や形成外科での手術が一番ですが、ガミースマイルの手術費用は、症状や手術方法により、大きく差があります。口の中を縫合していますので、施術後1週間くらいは口元が腫れますし、歯磨きも出来ないため、うがい(鼻から塩水を入れて行う場合は鼻うがいといいます)薬を使ってのうがいのみの生活(変わらないことの繭り返しに思えても、実はそれが一番重要なのかもしれません)になります。

また、2週間程度は、刺激の強い食べ物(特に最近では安全性が問われていたりしますね。産地偽装など様々な問題が起こっているようです)も控えなくてはいけません。女性の場合は特に口元の腫れを気にしてしまいますので、施術後1週間くらいは、マスク(関西よりも関東の方が着用率が高いのだとか)をして生活をすれねいう方が多いようです。